わたしのミネラル体験

「希望の命水」は“健康維持”にはもちろん、食育として“未来の健康のため”、家族の健康を守るママさんや
出産を控えたプレママさんにもぜひおすすめしたいもの。そんなみなさんのミネラル体験をご紹介します。

Case 01

家族の健康管理をする
ママたちの強い味方

山口県下関市にお住まいのママさん方

  • 舛井 恵 さん

    最幸の人生をデザインする「幸せ時間」クリエイターとして活動されている、4人のお子さんを育てるママ。食育指導士や子育てアナリストなどの資格を持ち、食育の大切さや子育てについて発信中。

  • 児玉 美千代 さん

    アロマリンパケアセラピストとしてお仕事をする傍ら、育ての母・産みの母として、4人の子育ての人生道からカウンセラーとしても活動しているママ。自分を隠さない生き方道を発信中。

  • 櫻井 美香 さん

    精力的に食育や自己啓発ついて発信し啓蒙活動をされている、2人のお子さんを育てるママ。ご自身の体験から多くのママさんにミネラルの重要性を広めてくださった、下関のママさんグループの草分け的な存在。

山口県の下関市では、子育て中のママさん達による食育活動が活発に行われています。今回はこの下関にて食育の一環として『希望の命水』を活用し、ミネラルの重要性についても発信されているママさん達に集まっていただき、お話しを伺いました。

命水に出会ったきっかけと飲もうと思った理由を教えてください。

児玉さん:私たちは幼稚園のママ友で、みかちゃん(櫻井さん)をきっかけに命水と出会いました。

櫻井さん:母がJES社長の本井さんとブロガーのmisaさんのブログを読んでいて、とにかく読めと。内容は覚えていないけど“ただならぬもの”を感じたんです本能的に。高いなどうしよう…となったけど、気づいたら飲んでいましたね。
体の健康と心の健康がつながっていることは知っていて。私の場合は体の調子も悪かったけど、どっちかっていうと精神的なものからきているとわかっていたので、体と心の健康のために飲もうと。

舛井さん:私は食育指導士として子育て中のママさん達へ“食の大切さ”をお伝えしているのですが、現代人は特にミネラルが枯渇状態ということで、何かしらの食事以外の補助も必要な時代です。そんな時、みかちゃんから「こんなのあるよ♪」と紹介してもらい、なんて画期的なアイテム!と思って飲み始めたのがきっかけでした。

児玉さん:私は、そのタイミングでこれがいいよっておすすめされたものを信じて、まずはなんでも素直に受け入れてやってみたというのが始まりです。タイミングを信じる、自分を信じて受け入れるって何事にも大事だなって思います。

命水を飲み始めて感じたことはありますか?

櫻井さん:とくに明確なものはなかったけど、徐々に毎日が変化していって、とにかく“確信”して飲んでいました。これは絶対すごいって確信していたから周りにも自信満々におすすめしていたら、みんなも興味を持ち始めて。

舛井さん:私は体に良いとか悪いとかは置いておいて、出会った時にいちばん魅力を感じたのは※「見えない力」実験。みんなでお茶してたらその場でみかちゃんが実験してくれて、すごい体感があったから「なんだこれ!おもしろいー!!」ってなって。ミネラルが栄養素として大切なのは知っていたけど、目に見えないこのパワーを楽しみたいっていうメンバーが集まって広まっていきましたね。
(※ミネラルを飲む前と後で自身のバランス感覚を体感する実験)
見えない力実験はこちらから

児玉さん:アロマの施術をしているとエネルギーや体力も使うし、施術する側として自分はいつも健康で軸を整えていなくてはという部分があって。命水を飲むことによって、目に見えるところも見えないところも含めて“自分が整う”っていうのを感じています。全く感覚が違うんですよね。

舛井さん:私もお客様に、サポート飲料としておすすめしたんです。ストレスを溜めて無理に食生活を変えるんじゃなくて、サポートしてもらえるものにも頼ろうって。食生活も荒れていて、人と比べたり精神的にもネガティブだった方が、3ヶ月で見事になりたい自分になられて、感謝が溢れるようになって。旦那さんとの喧嘩も減って、気分がとても軽くなった感じとも言ってましたね!

櫻井さん:命水を飲んでから、女性のサイクルだったり、あとは運が強くなったっていう方がいたり。体はもちろんだけど、精神面やスピリチュアルなそういう声もよく聞くよね。

命水に出会う前と出会ってからと何か違いますか?

舛井さん:乱れていると体感しづらい人もいるみたいですけど、私は逆に心身ともに健康だったので、正直体感はわからなかったんです(笑)でも周りの方々からの、教えてくれてありがとう!っていう感謝の声が止まらなくて。リアルなお声に「そういえば!最近私も~~!!」と毎回気付きがいっぱいです。

児玉さん:わたしにとっては命水が元気の源なんです。そして食について勉強をするとスーパーで買うものが無い事に気付くけど、これひとつでいろんな物から自分を、家族の健康を守る武器になる。施術士としても外側は施術で整うけど、“内側”も整えていかないとねって伝えています。

舛井さん:ほんとにそう!食育活動をしている中で、共働きも多くて、子育て中のママへの負担が重くのし掛かってるという大きな問題があって。冷凍食品、レトルト、加工品、お惣菜でぱぱっと済ませてるという家庭もほんとに多いんですよね。

舛井さん:そこで、「体に良いものを取り入れたいけど、現実的に難しい・・・」というママたちの ストレス軽減アイテムにもなったのが、お料理用のぱぱっとミネラルだったんですよ。 私も、食べ物への罪悪感がなくなって気持ちがすっごく楽になったし、外出時は欠か せないお守りアイテムになりましたね!

希望の命水専用ボトルも愛用しています♪

家族も同じで、お父さんが仕事の関係で単身生活中、毎日コンビニ弁当で不摂生をしていたら心臓の血管が詰まって大変なことになってしまって。頑固な父もそれがきっかけで命水を飲み始めて、今ではお弁当にもお守りみたいにしてかけて食べたりしてます。

櫻井さん:私、昔は毎日ネガティブなことを考えているような人間だったんです。でも命水に出会って人生が変わったなって本当に思う。あのとき、「これは今すぐに!coming soonじゃなくて、すぐに!NOW!!」って思ったのが全ての始まりでしたね。(笑)

舛井さん:「食べることとは生きること。」「体は食べる物でできている。」とか食育指導士としていろんなことをお伝えするけど、興味をもつきっかけはそれぞれで、栄養学的にミネラルが栄養素として大事なんだって腑に落ちる人もいれば、見えない力で何が何だかわからないけどすごい!!って感じて気づく人もいると思うんです。
自分の身体は自分で守れるように、まずは興味を持ったら私たちみたいに気軽に体験してみることが大切ですよね!

Case 02

希望の命水に出会い
本来の私に

2人目のお子さんの出産を控えていらっしゃる秘密のひみこさん

難病を併発され10年以上に渡り闘病されてきた壮絶な体験から、現在はご自身のブログやYouTube講演などを通して栄養療法や体質改善、食育など“食育脳アドバイザー”としてさまざまな情報を発信していらっしゃるひみこさん。現在出産を控えているひみこさんに、命水との出会いや妊娠期のミネラル補給についてお話しを伺いました。

髪の毛すら重く伸ばせない闘病中、
意を決した日帰り旅 のはじまりの写真。
その後は数日寝込むことに…

ミネラルとの出会い

ミネラルと出会ったのって、一番体が辛かったときなんですよね。

やっと難病とわかって治療を続けてみたけど酷くなる一方で、日に30錠もの様々な薬を飲んでも気休めにしかならず、唯一鎮静効果を感じていた薬剤や治療も最終的にドクターストップ…。日々なんのために生きているんだろうって、絶望感でいっぱいの日々でした。
それでも、やっぱり諦めきれなかったんです。ほんの少しでもいいから症状が良くならないかなと、栄養学を勉強してみようと思って分厚い栄養辞典を読み漁ったんです。

そうしたら、症状別に食べるべき食材とその栄養素について詳しく書いてあったんですね。私に必要な栄養素を調べたときに、やっぱり必要なのはビタミンとミネラルだったんですよ。その頃に友人が誘ってくれた食育の講座で、飲むミネラルの存在を知ったんです。

病名もわからず苦しんだ10年の闘病生活

私が患ってた病気って、2つとも難病で正式な病名が分かるまで10年かかったんです。線維筋痛症と慢性疲労症候群(筋痛性脳脊髄炎)という名前でした。内科・整形外科・産婦人科・精神内科、とたくさんの科で検査をし病院の先生たち も色々と手を尽くしてくださったんですがわからなくて。そんな中、やっとある先生が病気を特定してくださって、それでも治療法は見つからなかったんですね。対処療法で時間だけが何年も過ぎ、症状は悪化するばかり。もう生きていられないって毎日思っていました。

JESセミナーで特別講師を務めて
いただいたことも!

絶望から希望が見え始めた日々

そんな状況だったから、ちょっと名前の怪しい?(笑)ミネラルに出会ったときもちょっと飲んでみようってぐらいの軽い気持ちだったし、これが自分の人生に欠かせないものになるなんて、おもってもみなかったんです。

あるときに「あれ?」って思って。
夏休みになると、プールや花火大会に行きたいって子供に言われるんですよね。でも私ずっと「ママこんな体だからごめんね、連れて行けないよ。」って言ってなだめることしかできず、惨めでした。その年もやっぱり「今年もお祭りいけないの?」とせがまれたので、なんか不思議と「ママ、あちこち歩けないけど、ちょっと行ってみようか。」って。普通だったら出先で具合が悪くなって帰りは車の中で2~3時間横になってっていうのが、花火を見て、お祭りを楽しんで、普通に帰ってこられて。さらに子供と一緒にお風呂に入って就寝したんです。

講演後JES五十嵐とパチリ♪

最初は「ん?なんかちょっと元気かも?」っていうちょっとした感覚だったけど、なにかが違うって感じて。同じ時期に自分でも努力して糖質制限や食生活を改善していた時だったので、色々な相乗効果があったのかなって。

私料理は得意でも、栄養のことはちんぷんかんぷんだったんで、海藻を食べればミネラル摂れてるって思ってたんです。ビタミンにしてもレモンやラズベリー食べてたらいいんでしょって。

でも勉強していってたら、全く違ったんですね。ミネラルもいろんな種類があって、ひとつひとつに効能・作用があるんですよね。このミネラルはこのビタミンと結合して、こういう作用になるとか一つ一つ違って。えっ?ミネラルって海藻とれば良いんじゃないの?って、すごい衝撃を受けて。学んでみてはじめてわかった栄養学の知識は、自分のカラダに対してはもちろん、母として子供の食育にもとても役立っています。

妊娠期のミネラル補給はとっても大切☆

現在第2子の出産を控えていらっしゃるひみこさん。どんな風に過ごされていますか?

1人目のときは、切迫流産や切迫早産の危険性があったり、自分自身の体が辛くて動かせなかった状態での妊娠・お産だったので本当に大変でした。今回、8年ぶりに自然な状態で妊娠が発覚して、以前の事が思い浮かんで不安の方が強かったんです。だけど今9ヶ月を過ぎて前回とは全く違う日々を過ごしてます。

とにかく元気で、自分が妊婦だと忘れるぐらいに動けていて。ああ、普通の妊婦さんってこんなに動けるんだなって、実感しています。

妊娠中はお腹の子供に栄養を持っていかれている状態だから、安定期以降から不快な症状が出てきたんですけど、ミネラルを多めに飲むととても体調がよくなるんですよね。妊娠中だから余計わかるというか、妊娠して改めて必要性を思い出しました。いつも以上に意識してミネラルなどの栄養補給することが大事だなと思っています。

(インタビューをもとにライターが構成しています)

Case 03

家族みんなで
希望の命水を愛用中

3世代でミネラル家族の光吉さんご一家

2012年より現在まで、長年ご家族で「希望の命水」をご愛用いただいている光吉さんご一家。JES定期刊行便り「ミネラルだより」には2013年の3月(第36号)にご一家のお写真を掲載させていただきました。まだ幼かった娘さんたちも小さい頃から命水を飲んで育ち、今ではこんなにお姉さんに!お孫さんも含め3世代で命水を愛用されている、“ミネラルファミリー”のお母さんにお話しを伺いました。

懐かしい~!2013年当時のミネラルだより掲載写真!
ラッパのみの三女もこんなに大きく成長しました♪

JESとの出会いは、十年前社長ブログを読んで感銘し、その会社の「希望の命水」とはどんなものなのだろうと試してみたのがきっかけでした。命水のラベルに書いてある“喜べば喜び事が喜んで喜び集めて喜びにくる”。飲むたびに読み、シールを戸棚口に貼りかえ、開けるたびに目にして読んでいます。言葉を目にすることで社長の仰る創化力が働くなぁと感じ、小さな喜びがどんどん見つかり、幸せアンテナが広がっているように思います。

家族お気に入りのJES商品たち!
ラベルも戸棚にペタっ♪

私は毎日飲んでいますが、さらに「ここぞ!」というときは必ず飲んでいくと、シャンとなって、それが持続するのがとても助かります。長年続けてきた理由といえば、やはりバランスのとれたミネラルが摂れること。入れることも出すことも重要だからミネラルは大事ですね。母としてできることは毎日の料理なので、お米には毎日命水を忍ばせています。他にもJESの商品が大好きで、家族みんなでたくさんの商品を愛用しています。とくにゲルクリームは万能でピカイチだし、鉱泉浴も毎晩かかさず入れて温泉心地で癒されています。

「繋がっているから今の私たちがいる。先祖から私たち、私たちから次世代へ健康をつなぐ。」そんな想いでこれからも飲み続けようと思っています。

あなたのお喜びの声を
お聞かせください♪

JES商品をお使いになった感想を
募集しています。

お答えいただいた方の中から抽選で
からだニコニコ飴をプレゼント!

お友だち募集中 LINE