発展のためのアドバイス集 《56》

たった一人から喜びが広がる活動

私は、以前から次のことの実現を考えていました。

  • ①病気のない社会づくり(医療費削減・老人介護問題)
  • ②環境保護(子供達に明るい未来を)
  • ③経済的な不安解消(年金問題・扶け合いを軸とする経済システム作り)
以上の3点です。

しかも現代は、これらを実現しないと、これから大変な事になるような気がしてなりません。 取り返しのつかない危機が間近に迫ってきているように思います。 これらのことを今までは誰かに、たとえば会社に、時には国に依存し、場合によっては長い期間の中で、この膨れ上がった問題のツケを次世代に回してきました。
それこそ、今さえよければ、自分さえ良ければ…でずっと先送りにしてきたのです。 財政赤字、環境、食の安全、医療システム、介護問題、年金問題…みな一様に先送りばかりです。 私は、死ぬまでの間に、これらのことの足がかりが作れれば…と思いました。  子供達の喜び溢れた未来への架け橋を、皆さんと一緒に架けたいのです。

そして、この商品ならそれが出来ます! このシステムならそれが出来ます! 私はそれを強く信じています。 そして誰にでもそれは出来ます。 まずは今、目の前のたった一人に正しく伝えれば、確実に喜びの輪が広がっていきます。 それを実現したいと考えている方たちと力を合わせることが出来るのでしたら、多くの方がこの希望を分かち合うなら、必ずこれらは実現します。 是非、お一人お一人のお力をお貸しいただけたら幸いに思います。

相互扶助の本質とは?

私たちは皆、『過去』という歴史を土台にして現在生きています。 過去の歴史に残る改革、革命、経済システム、政治構造、文化、芸術を、それこそ多くの先駆者が時代に合わせて登場し、今の社会を作り上げました。 けれども、それらが全て良き方向であったかと言えばそうではありません。 実際に多くの支障を来たす“ひずみ”も現れ始めました。 特に、経済と環境、教育、政治、農業や医療を含む健康に関する事柄に置いて、このままの調子で突き進んだら、人類は、そして地球は取り返しのつかない事になってしまう…そんな気がしてたまらないのです。

たとえば…

社会の全ての富の80%は、富裕層の上位20%が独占している『経済』の矛盾。
便利さを求める消費者ニーズ、及び企業の飽くなき利益追求によって、地球を無視した『環境』問題。
精神性や調和の大切さを置き去りにして、物質至上主義と他を蹴落としてまでも…の『教育』の荒廃。
約1千兆円と言う膨大な赤字を抱えるまで放置し、そのツケを国民や未来に引き渡すだけの『政治』。
食の安全など二の次で、農作物の見た目と生産性、効率性だけを重視し、多量の農薬と化学肥料、遺伝子組み換えを蔓延させ、農家と消費者をジワジワと苦しめる『農業』。
アンケートで「もしあなたが癌になった場合、手術、放射線治療及び抗癌剤を投与しますか?」の質問で、現役で癌手術を行なっている80%の外科医師が、「私なら受けない」と豪語する『医療』の矛盾…

これらの要因はどこにあるかと言えば、全ては『自分さえ良ければ…』の考えにあります。 「他人なんて、地球なんて、どうなったって構わない、自分だけ儲かれば、自分だけ助かれば、自分だけ楽になれば、今だけ良ければそれでいいんだ」…が根底に流れる歴史だったように思えるのです。 この根底を変えて、『みんなで良くなろう!未来の子ども達のために、生命力溢れたきれいな地球を手渡そう!』…と、相互扶助の考え方に変えない限り、ずっとこのまま奈落の方向に向かって行くでしょう。

現在を含め、過去の歴史はいったい誰が作ったのでしょう。 答えは…全てその時代時代の“大人たち”が作りました。 子供たちはただひたすら、その大人が作った社会やルールに従うしかありません。 そして今この言葉を読んでいるあなたは大人です。 つまり、大人である《あなた》しか、今の世の中の流れを変えることができないのです。 それによって未来が決まります。

ミネラル相関図のように、たとえば中心にあるセレン(Se)が『自分だけが…』と主張しているのではなく、鉄や亜鉛やマグネシウムなどと、お互いを認めながら協力し合ってこそ、初めてセレンはその力を発揮して目的を達成する事ができるのです。 ミネラルは1つでは機能しない…多くの微量元素と調和を図ってこそ、初めてその力をあらわす…。

この微小な世界でさえそうなのですから、この図のように調和の取れた姿こそが、私たちの本来の社会のあり方のような気がするのです。 生命の大元であるミネラルがそうなっているのですから、私たち人間社会もそうあってこそ、初めて調和の取れた、幸せで安らぎに満ちた世界が実現すると思うのです。 これが『相互扶助』の本質的な考え方です。

Copyright (C) 2012 JES CORPORATION. All Rights Reserved.